[Raspberry Pi] cron のログを単独ファイルに出力する

概要

Raspbian では cron のログはデフォルトで /var/log/syslog に一緒に出力される。
単独出力するには rsyslog の設定を変更する必要がある。

環境

  • Raspberry Pi 3
    • Raspbian Stretch

手順

/etc/rsyslog.conf の修正

/etc/rsyslog.conf の以下の行をアンコメント(先頭の # を削除) する。

cron.*   /var/log/cron.log

rsyslog の再起動

rsyslog を再起動し、設定を反映する。

$ sudo systemctl restart rsyslog

確認

ログは /var/log/cron.log に出力される。

$ tail /var/log/cron.log

補足

ログレベルの変更

ログレベルを変更するには /etc/default/cron ファイルに以下の行を追加する。

EXTRA_OPTS='-L 15'

数値の意味は以下を足したもの。
なので 15 が全て、開始と終了なら 3 となる。

#   0   no logging (errors are logged regardless)
#   1   log start of jobs
#   2   log end of jobs
#   4   log jobs with exit status != 0
#   8   log the process identifier of child process (in all logs)

コメント