[VMware] ESXi を Intel NUC にインストールする

概要

Intel NUC(BOXNUC6I5SYK) に ESXi 6.5 をインストールする。
標準のインストールイメージファイル(ISO) では NUC の SATA がサポートされていないため、非公式の SATA ドライバを組み込んだ ISO イメージを作成し、USB メモリからインストールする。

環境

対象環境

  • Intel NUC BOXNUC6I5SYK → BOXNUC6i5SYH
  • – BIOS0054
  • M2.SSD (Crucial MX300 525GB) → 2.5 インチ SSD (Samsung SSD 750 EVO)

作業環境

  • Windows 10 Pro
  • – VMware-VMvisor-Installer-6.5.0-4564106.x86_64.iso
  • – Sata-xahci / Offline Bundle of version 1.38
  • – ESXi-Customizer 2.7.2

カスタム ISO の作成

ファイルの準備

    (1) VMware の HP から ESXi 6.5 の ISO イメージをダウンロード。

    (2) Sata-xahci / Offline Bundle of version 1.38 を以下のページの最下段リンクからダウンロード。

ESXi-Custmizer の実行

以下のサイトから ESXi-Customizer 2.7.2 をダウンロードし、展開する。

Taking Server virtualization down from the clouds to real life experience ...

そのまま実行すると以下のエラーになり実行できない。

esxi_customizer_error

ESXi-Customizer.cmd をテキストエディタで開き、260行目をコメントアウトする。

REM   if "!WinVer!" LSS "5.1" call :earlyFatal Unsupported Windows Version: !WinVer!. At least Windows XP is required & exit /b 1

ESXi-Customizer.cmd を実行し、上から ISO ファイル、sata-xahci-1.38-1.x86_64.vib、カスタム ISO が作成されるフォルダを指定し、[Run!] をクリック。

esxi_customizer

途中、ESXi-Customizer-PS を使用するように言われるが、[いいえ] でスルー。

esxi_customizer_yesno

ESXi-5.x-Custom.iso が作成される。

NUC にインストール

USB メモリに書き込む

unetbootin を利用して、作成したカスタム ISO を USB メモリに書き込む。

Download UNetbootin for free. Bootable live USB creator for Ubuntu, Fedora, and Linux distributions. UNetbootin allows you to create bootable Live USB drives fo...

unetbootin_esxi

USB メモリでブート

作成した USB メモリを NUC に差し込みブート。
起動時に [F10] を押すことで、起動デバイスを指定できる。

img_0579

追記

問題発生

ESXi をインストールし動作するところまでは出来たが、SSD(M2) のパフォーマンスが極端に悪い状況。ログを確認したところ、「ボリュームへのアクセスが失われました」と「リストアしました」のメッセージが30秒に1度ほど繰り返し出ていることを確認。

BIOS は最新 (SY0054) で、メモリテストも問題ナシ。

対策

SSD の初期不良だと判断し、別の SSD に交換したが改善せず。他の NUC (BOXNUC6i5SYH) を購入し、同じ構成でチェックしたところ、同じ症状が!

そこで M2.SSD の使用を止め、普通の 2.5インチ SSD (Samsung SSD 750 EVO) にしたところ、ようやく改善した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする