[Linux] Linux Mint で ZFS をマウントする

概要

FreeNAS で運用している PC が壊れた時に、そのバックアップ HDD (ZFS/1台構成)を他のマシンにマウントしデータを取り出すためのテストを行った。

環境

  • Linux Mint 17.3
  • FreeNAS 9.3 + 外付け USB HDD 1台構成

ZFS のインストール

zfs-native のリポジトリを追加し、ビルドツールと ZFS パッケージ群をインストール。

$ sudo add-apt-repository ppa:zfs-native/stable
$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install spl-dkms zfs-dkms ubuntu-zfs

ZFS のマウント(インポート)

Linux Mint に USB HDD を接続し、認識されていることを確認する。

$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sdb: 4000.8 GB, 4000786151424 bytes
256 heads, 63 sectors/track, 484501 cylinders, total 7814035452 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes
Disk identifier: 0x00000000

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1  4294967295  2147483647+  ee  GPT
Partition 1 does not start on physical sector boundary.

ZFS のカーネルモジュールを読み込む。

$ sudo modprobe zfs

プール名を確認する。

$ sudo zpool import
   pool: usbhdd2
     id: 10062684693166804291
  state: ONLINE
 status: The pool was last accessed by another system.
 action: The pool can be imported using its name or numeric identifier and
	the '-f' flag.
   see: http://zfsonlinux.org/msg/ZFS-8000-EY
 config:

	usbhdd2                                     ONLINE
	  usb-HitachiG_ST_31001206150000002893-0:0  ONLINE

マウント(インポート)する。

$ sudo zpool -f <プール名>

エクスポートしていない HDD なので、-f オプションが必要。

マウントされているか確認する。

$df
usbhdd2        3770677632 948341632 2822336000  26% /usbhdd2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする