[bash] コマンドの履歴を検索して利用

概要

bash のコマンド履歴を検索して利用する方法。

手順

Ctrl+r で検索モードへ。

(reverse-i-search)`':

ここで文字を入力することで、コマンド履歴からインクリメンタルサーチされる。

さらに Ctrl+r で次候補、 Ctrl-s で前候補を表示出来る。

目的のコマンドが見つかったら、ENTER で実行、左右のカーソルキー ESC でコマンドが入力された状態へ。

Ctrl+s の無効化

デフォルトでは Ctrl+s はスクリーンロック機能 (解除は Ctrl+q) に割り当てられていて、前候補の表示が出来ない。

以下のコマンドでその割り当てを無効にすることで、前候補が表示可能になる。

$ stty stop undef

上記コマンドを .bashrc に記述することで、シェル起動時に実行されるので、毎回入力する必要がなくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする