[Debian] 起動時に自動実行 – cron 利用

概要

Debian で OS 起動時にスクリプトやプログラムを実行するには、cron か、systemd を使う方法が推奨される。
(rc.local はデフォルトでは無効になっており、推奨されていない)

今回はユーザー権限で実行でき、お手軽な cron の @reboot を使った方法を説明する。

環境

  • Debian 9 “stretch”

手順

cron の設定

crontab -e

以下の行を追加。

@reboot {スクリプト/プログラムのフルパス}
root 権限で実行したい場合は /etc/crontab ファイルを編集する。

確認

reboot してみて、実行されているか確認。
実行されていない場合は、cron のログを確認する。

概要 Debian 9 では cron のログはデフォルトで /var/log/syslog に出力される。 cron を利用する環境では...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする